Profile
2014年11月更新

日本旅のペンクラブ会員・一級建築士・温泉観光士・石垣島宣伝部長
ヨット:1967年
学生時代に江ノ島で、デインギー(K16)を本格的に開始しました。入社した会社にヨットクラブがあり、ヨットを続けることができました。Y15やシーラークなどディンギー一筋で乗り続け、退職後も細々と江ノ島で航跡を残し続けてます。
八重山:1970年
学生時代に復帰前の波照間島に、一気に行ってしまいました。その後就職し家庭を持ち、一旦遠退きましたが、定年前に移住を検討のため、再訪(2004年〜)となりました。結局日本中を旅するには不便であり、好きな時に行くのが一番と結論。2013年には、石垣島宣伝部長に任命されました。
温泉:1979年
グルメやもてなし、まったく興味なし。始めた頃は、デジカメ・カーナビ・携帯・コンビニなしの地図だけが頼りでした。旬な湯に趣きある浴舎、年季が入れば激渋・ゲロ渋となります。秘湯とは、メジャーで便利になった秘境の湯の代名詞に過ぎません。本物の秘湯と道なき先の海や山に湧く「野湯」の事をいいます。
ペンネーム:1994年
デビュー本が月刊誌の「旅」です。原稿を書き終わってから、ひらめきました。この頃は、がむしゃらに500湯.1000湯.2000湯と「数泉」一筋、その行為は「焦って入ろう」でした。その反対、ゆったり入ろう「湯達入郎」と相成りました。順調な温泉道でしたが、1997年6月22日ボッケにはまり、40日の入院を強いられました。熱傷にもめげずに、2007年のトカラ2次で4126湯達成。以後急速に温泉熱が冷めたこともあり、ホームページのタイトルが、「きらめき温泉探訪記」から「きらめき温泉花旅紀行」に変わった訳です。
旧型客車:1980年
鉄道の元祖は、機関車と客車でした。国鉄末期の亜幹線やローカル線は、客車列車が主体でした。子供の頃から生粋の「旧型客車ファン」で、今や貴重となった「津軽鉄道・JR東日本・大井川鉄道」などで、『乗鉄』を楽しんでいます。
YS-11:〜2006年
出張の折仕方なく乗る程度だったのが、廃止が決定するや、徹底的に乗り納めをしました。SLと違い、復活飛行があり得ないからです。ボーディングブリッジではなく、タラップからの乗り降り、キーンという独特なロールスロイスサウンドなど、乗ってこそ味わいが分かる飛行機でした。
教会堂:1993年
パイプオルガンは大ホールではなく、教会で聴くのがベストです。その音比べで、教会巡りが始まりました。やがて木造・レンガ造・RC造など造形美や建築様式とか、聖像・聖画などに魅了されてしまいました。教派によっては、厳粛な祈りの場でもあるので、単なるレトロ建築としての見学は避けたいものです。
ボンネットバス:2007年
大江戸温泉物語(お台場)のシャトルバスを偶然に発見。以後動態の営業車の乗車が始まりました。西日本に偏っているのが特徴です。動態保存の昔美人のバスガイドが乗車するバスもあります。数少なくなった板バネの乗り物で、後部はガタガタと揺れます。
海辺の桜:2011年
壱岐の山桜で、初めて海辺に咲く桜の存在を知りました。川や湖は水面が黒く写りますが、海は青く写り生えるのが特徴です。
二胡:2007年
越中八尾「風の盆」で、三味線と胡弓の調べに魅了されました。似たような?二胡を、ほとんど自己流で習得し、「八重山民謡」や「童謡」などを、細々と奏でています。
沈下橋:2007年
四万十川で、沈下橋に魅了されました。所変われば、潜水橋、潜没橋、潜流橋、沈み橋、潜り橋、冠水橋、地獄橋と名前が変わります。
立体折紙:2013年
始めたばかりなので、忘れないようにするのが精一杯です。

佐藤ローズ

かりゆしの爪楊枝入れ

千羽鶴の箸入れ
風 景
屋外は青空や海を鮮やかに、水面などは乱反射を避けるため、PL(偏向フィルター)を、常用しています。
近景と遠景のバランスをとるため、視線以外の構図になる場合があります。
入湯シーン
無人の状態では証拠写真にならないので、極力貸切り状態で撮影しています。浴舎や背景が主役なので、脇役として隅が定位置となっています。連れがいない場合は、三脚タイマーダッシュで10秒後しかとポーズとなります。

トップページに戻る。
温泉のトップページに戻る。