カメラ

2016年12月26日更新


PENTAX KM
28mm or 50mm f2.8
偏光フィルター使用
1978年購入

鉄道風景:50mm
旧客車内:28mm
初期温泉:28mm

マニアルのみのため撮影の楽しみがありますが、同サイズのフラッシュ持参が堪え、動態保存状態。「ガシャ」というシャッター音が、たまりません。
HD-M FUJINON LENS
38mm f2.8
1985年購入

ヨット撮影用(スプレーがかかったり、沈や落水しても可の防水タイプ)や、湿気の多い洞窟風呂や、波がかかる海中温泉でも使用。最近は出番なし。2006年に浸水使用不可能。
PENTAX Z-70P
28〜70mm f4
偏光フィルター使用
1996年購入

フラッシュ内蔵は楽で、ほとんどの温泉写真に使用、というより酷使。オートフォーカスですが、ほとんどマニアルで撮影。デジカメ購入後は、ガイドブックなどのリバーサル撮影用として二次的存在。弟子に譲渡済み。
Kodak DS5000 ZOOM
偏光フィルター使用
2001年購入
30〜60mm f3.0〜3.8

28mm相当・防水機構・頑丈性を優先したため、当機種のみでした。一眼レフ並みに重く、モニターも暗くて見づらく、予備機に。
さらにOLYNPUS μ770SWの下取り品となりました。
RICOH Caplio G4wide
2003年購入
28〜85mm f2.6〜4.3

軽くてモニターも見やすく、なにより最速のシャッターなので、鉄ちゃんの世界にも使えます。がシャープさがありません。
Canon Pro1
2005年6月購入
28〜200mm f2.4〜3.5

景色撮影に不可欠な偏光フィルターが不可欠なのと、動画の性能アップのため、増強しました。
OLYNPUS μ770SW
2007年6月購入
38〜114mm相当 f3.5〜5.0

防水カメラ:HD-MFUJINON LENSの代替機種、水深10mまで可能。
PENTAX Optio W60
2009年6月購入
28〜140mm f3.5〜5.5


μ770SWの撃沈により購入、水深4mまで対応。インターバル撮影により、入湯写真撮影が楽になりました。但し、バッテリーパワーに容量不足感あり。
Panasonic DGM-G2
2011年2月購入
14〜42mm f3.5〜5.6
45〜200mm f4.0〜5.6

Canon Pro1の老朽化による後継機種。サイズや回転式モニターなど、使用勝手が同じです。

水没覚悟で、セーリングに使用。
Canon EOS X7
2014年1月購入
14〜55mm f3.5〜5.6
55〜250mm f4.0〜5.6

9年ぶりのCanonです。
LUMIXの弱点を解消するための、交代機種です。
RICOH WG-4
2015年2月購入

25〜100mm
f2.0〜4.9


W60の交代機種、セーリングやシュノーケル用に購入。
Canon EOS X8i
2016年8月購入
14〜55mm f3.5〜5.6

Canon EOS X7が意外と早くいかれてしまいました。
2年半とは、短い人生でした。

トップページに戻る