九州のカトリック教会
信仰告白

2013年5月26日更新

黒崎カトリック教会
福岡県北九州市

2010年3月
浄水通カトリック教会
福岡県福岡市
献堂不明
2005年5月

横浜の山手のような雰囲気な所にあります。天井の十字が印象的です。
雪の聖母聖堂
1896(明治29)年献堂
1984(昭和59)年移築
2006年7月


福岡市にあった「大名町カトリック教会旧聖堂」を聖マリア病院敷地内に復元移築した聖堂です。
今村教会(カトリック)
福岡県大刀洗
1913(大正2)年献堂
設計施工:鉄川与助
2001年11月

双塔レンガ造で、
鉄川与助の最高傑作とされています。
トップページの教会です。
カトリック久留米教会
福岡県久留米市
1994(平成6)年献堂
那の津寿建築研究所
藤木工務店
2006年6月

50年前の意匠図に基いて、復元した教会です。
カトリック佐賀教会
佐賀県佐賀市
2011年4月

側面側がR天井、中央部が格天井の、和洋折衷です。
カトリック武雄教会
佐賀県武雄市
1958年9月献堂
2013年4月

石炭王高取氏の別荘の一部を転用した、純和風の教会です。
長崎県には日本の近代建築の黎明期を代表する、教会が数多く残されております。過疎化が進んでおり、教会の荒廃が懸念されます。
教会遺産という観光化で、悪質な悪戯が多くなり、気軽に巡礼が出来ない状態になっていました(2010.10)。
馬渡島天主堂
佐賀県鎮西町
1928(昭和3)年移築
2006年6月巡礼

1885(明治18)年に元紐差教会として建立されたものが、馬渡島に移築されたもので、木地仕上げの素晴らしい教会です。
呼子教会
佐賀県呼子町
1928(昭和3)年移築
2006年6月巡礼

1882(明治15)年佐賀県で最初に建てられた馬渡島教会を、呼子教会として移築したものす。
西木場教会
長崎県松浦市
1949(昭和24)年献堂
2006年6月巡礼

紐差教会や大江教会と同じ、折り上げ天井です。
平戸口教会
長崎県平戸市
1952(昭和27)年献堂
2006年6月巡礼

木津教会の天井を、かまぼこ状にした感じです。
平戸教会
長崎県平戸市鏡川町
1931(昭和6)年献堂
設計:末広設計
施工:不詳
2001年7月巡礼


観光地の教会の宿命?なので、中に入る事はできません。実に19年ぶりの再訪です。
山野教会
長崎県平戸市
1924(大正13)年献堂
1979年増改築。
2006年6月巡礼

奥まった集落の中にある教会で、木地仕上げの、ゴシック様式です。教会の周りには棚田が、たくさんありました。
山田教会
長崎県生月町山田免
1912(大正元)年献堂
設計:鉄川与助
施工:鉄川与助
2001年7月巡礼(ミサ)

外観は平凡ですが、内部装飾に目を奪われてしまいました。
珍しく受難の十字架です。
紐差教会
長崎県平戸市紐差
1929(昭和4)年献堂
設計:鉄川与助
施工:鉄川与助
2001年7月巡礼

リブ・ヴォールト(こうもり)天井ではなく、折上天井です。が、なんと改修工事中でした。
パイプオルガン
1979年ケーベルノ工房(ドイツ)1MP.5S.280P
紐差教会
長崎県平戸市紐差
1929(昭和4)年献堂
設計:鉄川与助
施工:鉄川与助
2006年6月巡礼

大江天主堂と同じ、美くしい折り上げ天井です。
紐差教会
長崎県平戸市紐差

2010年10月

時間内であっても、中には入れなくなっていました。特別の許可の上、入れて頂きました。
宝亀教会
長崎県平戸市宝亀
1899(明治32)年献堂
設計:不詳
施工:不詳
2001年7月巡礼

玄関部分がレンガ造で、大部分が木造です。
田平教会
長崎県田平町小手田免
1918(大正7)年献堂
設計:鉄川与助
施工:鉄川与助
2001年7月巡礼


外観・内部のバランスが良いだけに、個人的にはペンキ仕上げが、惜しまれます。
浅子教会
長崎県佐世保市
1953(昭和28)年献堂
2006年6月巡礼

入江に面した漁村の教会で、
外観は切妻の三角屋根ですが、中は平天井です。
黒島教会
国指定重要文化財

佐世保市黒島
1902(明治35)年献堂
設計:マルマン神父
施工:前山佐吉
2001年7月巡礼

空間のバランス・木地仕上げと申し分ありません。が、使い方に荒い所があるのが、気になりました。
黒島教会
佐世保市黒島
1902(明治35)年献堂
設計:マルマン神父
施工:前山佐吉
2008年8月巡礼


木目の板を使っているように見えたのは、白木の板一枚一枚に木目を手書きしたものです。
三浦町教会
佐世保市
1931(昭和6)年献堂
2006年6月巡礼

戦災を奇跡的に免れた教会で、設計・施工が不明です。
大野教会
外海町
1893(明治26)年献堂
設計:ド・ロ神父
施工:ド・ロ神父

2006年6月巡礼

長崎県指定文化財。
2006年に補修工事が行われましたが、中に入ることはできませんでした。
出津教会
外海町出津郷
1882(明治15)年献堂
設計:ド・ロ神父
施工:ド・ロ神父
2001年7月巡礼

強風を避けるため、低床バスのような重心が低く感じる外観です。天井も平らで、独特の雰囲気となっています。
黒埼教会
外海町上黒埼郷
1920(大正9)年献堂
設計:不詳
施工:川原忠蔵
2001年7月巡礼


最後のレンガ造教会です。
神ノ島教会
長崎市神ノ島
1897(明治30)年献堂
設計:不詳
施工:不詳
2001年7月巡礼


長崎港の入口の高台に建っており、ステンドグラス越しに海が見えます。
中町教会
長崎市中町
1897(明治30)年献堂
1951(昭和26)年再建
設計:パビノー神父
施工:川原正治
2001年7月巡礼

長崎駅のすぐ近くにあります。他の教会と違い、単廊式広スパン半円柱で筒型天井です。35年ぶりの再訪です。
本河内教会
長崎市本河内
1964(昭和39)年献堂
2009年8月巡礼

左側に聖者コルベ小聖堂、境内には修道院・聖母の騎士学園・ルルドの洞窟などがあります。
聖者コルベ小聖堂
長崎市本河内
1964(昭和39)年献堂

1930(昭和5)年に来日し、1936(昭和11)にポーランドに帰国、アウシュビッツに収容後、身代わりとなって餓死刑となったコルベ神父。記念館で、遺品などが展示されている。
馬込教会
伊王島町沖ノ島
1931(昭和6)年献堂
設計:不詳
施工:大和和吉
2001年7月巡礼

長崎港の沖合いの伊王島にあり、長崎の街に向って建っています。35年ぶりの再訪で、当時は畳敷でした。
旧野首教会
小値賀町(野崎島)
1908(明治41)年献堂
設計施工:鉄川与助
2008年8月巡礼


1971(昭和46)年廃村化となり、1988年長崎教区から町に寄贈された後、1989(平成元年)長崎県指定文化財となりました。
頭ヶ島教会
上五島町(頭ヶ島)
1917(大正6)年献堂
設計施工:鉄川与助
2008年8月献堂

石造でハンマービーム工法の、単廊式です。対岸の島から船で石を運び、9年を要して竣工。
仲知教会
新五島町(中通島)
1978(昭和53)年献堂
2008年8月献堂

聖書の話が、ステンドグラスとなって、語っています。
江袋教会
上五島町(中通島)
1882(明治15)年献堂
設計施工:不明
2008年8月巡礼

2007年2月火災(漏電?)にあいましたが、躯体や壁が残ったことや、25年前の実測調査があったため、2010年修復にむけて工事が行われています。
青砂ヶ浦教会
上五島町(中通島)
1910(明治43)年献堂
設計施工:鉄川与助
2008年8月巡礼

鉄川与助初の重層屋根構造、ステンドグラスが床に映っていました。
冷水教会
上五島町(中通島)
1907(明治40)年献堂
設計施工:鉄川与助
2008年8月巡礼

鉄川与助の第一作目。
大曾教会
上五島町(中通島)
1916(大正5)年献堂
設計施工:鉄川与助
2008年8月巡礼

レンガ造でリブ・ヴォールト天井・木地仕上げ、鉄川与助熟達の作。
中の浦教会
上五島町(中通島)
1925(大正14)年献堂
設計施工:不明
2008年8月巡礼


祭壇がリブ・ヴォールト天井、会堂が折上げ天井の三廊式。主廊部壁の椿模様が特色です。
福見教会
上五島町(中通島)
1924(大正13)年献
設計施工:不明
2008年8巡礼


祭壇がR天井、会堂がシンプルな折上げ天井です。
土井の浦教会
上五島町(若松島)
1915(大正4)年献堂
2008年8月献堂


大曽教会がレンガ造に建替えの際に、移築されたものです。天井が低く感じます。
浜脇教会
五島市(久賀島)
1931(昭和6)年献堂
設計施工:不明
2008年8月巡礼

福江から船で20分更に歩いて20分、鉄筋コンクリート造ながら、温かみがあります。 
 
水の浦教会
五島市(福江島)
1938(昭和13)年献堂
設計施工:鉄川与助
2008年8月巡礼


天草の崎津教会とそっくりという感じです。
楠原教会
五島市(福江島)
1913(大正元)年献堂
設計施工:不明
2008年8月巡礼

祭壇が平天井、会堂がリブ・ヴォールト天井三廊式下。
三井楽教会
五島市(福江島)
1971(昭和46)年献堂
2008年8月巡礼

ステンドグラスと壁画が美しい。
貝津教会
五島市(福江島)
1924(大正13)年献堂
設計施工:不明
2008年8月巡礼


三廊式の下平天井ですが、飾り縁が施工されています。
手取教会
熊本県熊本市
1928(昭和3)年献堂

設計施工:鉄川与助
2009年3月巡礼


大江天主堂から巡礼10年目再び熊本県の鉄川与助後期作に導かれる。
大江天主堂
熊本県天草
1933(昭和8)年献堂
鉄川与助作
1999年9月巡礼

全県の温泉制覇の折り、天草通過中に立寄る。高台にあり、ポルトガル調?外観。聖像が漫画チック(お許し下さい)で、楽しい。
崎津教会
熊本県天草郡天草町
1934(昭和9)年献堂
鉄川与助作
1999年9月巡礼

大江の後に献堂されたのも関わらず、天井はリブ・ヴォールドに戻っています。
カトリック中津教会
大分県中津市
1937(昭和12)年献堂
2010年11月

1982(昭和57)年に、聖書にまつわる聖家族や、中津・大分の宣教などのイタリア製ステンドグラスが、すべての窓に取り付けられています。
カトリック杵築教会
大分県杵築市
2010年11月

武家屋敷の一角にあります。カトリックでは珍し、トラス天井です。
トリック別府教会(サレジオ会 )
大分県別府市
1950(昭和25)年献堂
1999年6月(ミサ)

聖壇の背面にオルガンのパイプが並んでいます。
外観ではゴシック様式かロマネスク様式、平面的には三廊式か単廊式、壁面はアーケード(列柱とアーケード)・トリフォリウム(装飾帯)・クリアストーリー(高窓)、天井はリブ・ヴォールト(こうもり)天井か折り上げ天井など、各部のバランス、仕上げの彩色、聖像等と釘付けになってしまいます。
カトリック教会は日中であれば、だいたい中に入れます。「神の前に敬虔と慎みをもって、聖堂に入りましょう」。そしてミサに授かる事をお勧め致します。

教会のトップページに戻る。