年賀状

18才の時から叔母様に混ざって鎌倉彫を始めました。

その技を生かして年賀状は、水彩木版となっています。
髪の毛のような細さは、カッターナイフを使いました。 
2011年4月26日更新


1967年作(20歳記念作品)
結婚式の引き出物
1973年作成。

「古木に梅」の菓子皿、50枚彫りました。教室では一枚づつですが、まとめて彫るので楽しくありませんでした。
現在どれだけ、生き続けていることやら。

画号は松龍です。

1996作(3代目)

1985年作(3代目)

1986年作(2代目)

1999年作(3代目)

1988年作(3代目)

1989年作(2代目)

1966年作(第1作)

   2003年作(2代目)

1992年作(2代目)

2005年作(2代目)色変更

1994年作(3代目)

1995年作(2代目)

トップ ペ ー ジ に戻る。