「藍い海に白い帆」。夏の海はヨットが一番です。ヨットといっても16f(4.95m)のディンギー。風を耳で感じ、ベクトルの法則で進み、進路は時計方向で確認します。アクセルもブレーキもないので、桟橋での離岸や着岸は腕の見せ所です。ホームポートは江ノ島で、風が良ければ葉山や森戸に遠征しました。温泉にのめり込むまでは、大雨や強風以外、真冬でもウエットスーツを着て、毎週が潮付け人生でしたが、現在はとんと御無沙汰で、ヨットに乗るのは年に4〜5回ぐらいになってしまいました。
2017年10月26日更新
Y15の進水式
1965年


東京オリンピックの翌年に開放された江ノ島ヨットハーバーです。
この写真は、岡本造船で働いていた、船大工さんから頂いたものです。
Y15472と473の競演
1981年7月


1974年にデッキの合板を張替えて、木地仕上げ(ウレタン)にしました。
ハーバー全景
1981年8月

空地なっていた敷地の一部が、まったく関連のない施設となって、建築中。
夏富士
1981年8月


もう一艇あったFRPのY15を、ヤマハのシーラークに変えました。
光る海
1981年8月


藍い海に白い帆。夏の海にはヨットが一番。
冬期メンテナンス
1982年1月

木製のため、マリンペンキやデッキのウレタン塗りに、オフシーズンは翻弄されるようになりました
葉山からの帰帆
1982年8月


8名以内の時は、よく葉山マリーナに行きました。
木製Y15
1982年10月


最後に見かけた、木製木地色仕上げの新艇です。
新春セーリング
1983年元旦

安定した北風を受けて、逆光構図のランニング。
葉山マリーナ
1983年5月


順風の時は、江ノ島から1時間半ほどで葉山に行けます。防波堤が高いので、船足が弱いと、戻されてしまいます。
洋上海水浴
1983年8月

海岸は汚くても、沖はきれいです。潮の流れが強く、流されることもシバシバ。
アンカーが抜けなくなり、焦りました。
好みの構図
1983年10月

風が強い夏が終わり、のどかな秋のセーリング。
逆光の美
1983年10月

ハーネスをつけて太陽に向かって進みます。スプレーが多く、カメラがすぐにいかれてしまいます。
江ノ島の夕焼け
1983年11月


シーズンの終わりを告げる鮮やかな夕焼け。
新春セーリング
1984年1月


2日に行われていた新春セーリング。以外と小春日和の日が多いです。
こどもの日
1984年5月

お菓子のおまけに付いていた、こども鯉幟を付けていたら、たまたま外人のクルーザーがすれ違い、Wonderful。
風がない時は
1984年6月

港内で、雪合戦ではなく水合戦。
巡視艇
1984年7月


梅雨の中休み、風は穏やかですが、梅雨が明けると、高気圧が張り出しで、南寄の風が強くなります。
沈の起こし方その1
1984年8月

クルーザーと違い、
ディンギーは命がけ。沈に備え、起こす練習は欠かせません。まず完沈しないうちに、バウを風上に向けます。
沈の起こし方その2
1984年8月


先端のマストが海面から出たら、すぐにフェンダーより乗り込むのだ。
夕陽
1984年8月


蒼い海が橙色に変わる頃、一日のセーリングが終わります。
帰艇
1984年8月


ブイに係留して艤装を解き、パドリングをしてスロープへ。
お盆を過ぎると、くらげがウヨウヨいて、刺されます。
完沈の起こし方
1984年8月


フェンダーに足を掛けて、もう一人がぶるさがらないと、起きてくれません。夏以外は水が冷たく、体力を消耗するので、短期決戦が必修です。
ハイクアウト
1984年9月


ハーネスをつけている時に、逆ヒールをしたり、沈をすると、クルーは悲惨な目にあいます。
さよならY15
1984年10月


デッキを張り替えて10年、年々冬期メンテナンスが重くなり、ついにシカーラに買えかえました。
シカーラの進水
1984年10月


Y15引退で、冬期メンテナンスから解放されました。
スピンの競演
1984年10月


始めは面白がって、やたらにスピンを張りましたが・・・
江ノ島海水浴場開設100周年
1985年8月


2003年時と違っているのは、灯台・婦人総合会館(未着工)・ハーバーなどです。
家族でセーリング
1985年8月


一年中週末は江ノ島に行っていたので、子供達は江ノ島に会社があると思っていました。ちなみに長女の名は美帆です。
大島航路
1986年8月


湘南港着発の大島航路が、時々復活しました。
シカーラの進水式
1986年10月

Y15の代替のシカーラでしたが、性能が芳しくなく、わずか2年でシーラークに買い替えました。
シーラークの競演
1986年10月

艇種統一となった1227の進水セーリング。12m/secの強風を食らいました。
光進丸
1987年7月

湘南港に係留されている「光進丸」をバックに記念写真。
サンセットクルーズ
1987年8月


ほとんどの艇がハーバーに戻る頃に、もう一回セーリングを楽しむと、サンセットクルーズになってしまいます。
七里ガ浜沖
1989年7月


Y15より早いので、葉山へのセーリングも、スピードアップしました
手白沢氏との迷コンビ。
海水浴
1990年8月


海岸は汚れていても、沖はかなりきれいです。又も手白沢氏と。
温泉にのめり込み始めた頃で、しばらくヨットは、ご無沙汰です。
久々
2002年5月


6〜9m/secの順風。温泉に没頭している現在、年数回のセーリングでは適風です。
・・・が午後から11m/secの強風となり、全身ずぶ濡れで写真どころではありません。
シングルハンドその1
2003年7月

夕方は微風になったので、シングルハンドで楽しみました。
シングルハンドその2
2003年7月

浮桟橋より見たヨットハーバー。左側の▽屋根が当初からの建物ですが、灯台が建替えられたので、様子が少し変わっています。
江ノ島ヨットハーバー(クルーザーサイド)
2004年8月

部品の重整備のため、たまに造船所に行くクルーザーサイドです。
出艇
2004年8月

猛暑でしたが、ヨット人口が激減したのか、ハーバーの中も洋上もガラガラの夏でした。
猛暑〜酷暑〜残暑
2010年9月

晴空ばかり続いたが、強風も多く、快適セーリングは以外と少なかったです。
帆船あこがれ
2010年9月

北の乾燥した高気圧に入れ替わり、富士山や天城山が見え、しかも穏やかな澄んだ海となりました。
背後は、大阪からやってきた「あこがれ」です。
相互撮影
2010年9月

まだ残暑が続いています。お互いにカメラを持っていたので、久しぶりに洋上でのスナップが撮れました。
相互撮影U
2012年8月

今日は久々の快晴順風となりました。相互撮影も久々、相棒に防水カメラを渡しました。
相互撮影U
2012年8月

船上カメラマンも撮ってもらうはずでしたが・・・、後が続きません。
相互撮影U
2012年8月

青い空に、元気モクモクの入道雲がいっぱいです。船上カメラマンは、揺れる船上で、水平線を維持しながらひたすら一眼レフで激写でした。
梅雨明け
2013年7月

終日順風でした。というより、微風に近く、通常座ることのないバウに。
かりゆしウエアー
2013年8月

今日は午前中ディンギー、午後からはクルーズでした。
去年と違って、ガスっており、酷暑の割に夏らしい空になってくれません。
江ノ島〜宮川
2013年8月

テイラーを足で挟んでの、二胡初演奏?。海は広いな・・・(^^♪、かりゆしウエアーで八重山民謡も・・・・、自然を冒涜してはいけませんね。
七里ヶ浜沖
2014年10月

今年は天候不順でした。天気予報もよく外れ、微風のはずが強風ぎみでした。
第41回ドラゴン級全日本選手権大会
江ノ島
2014年11月

ドラゴン級とは、30フィート(約10m)3人乗りキールボート。
冬の海は寒いですが、富士見セーリングや太陽の位置が低いので逆光の美が楽しめます。

第35回リビエラ逗子マリーナヨットレース、若大将カップ
2017年10月8日

ウインドサーフィン・、シーホース・クルーザーのレースが交錯。

トップ ペ ー ジに戻る。